定期積金を徹底解剖

信用金庫と銀行

金融機関というと銀行を思い浮かべる人が多いですが、実際には銀行以外にも多くの種類があります。同じ銀行でも普通銀行や都市銀行、信託銀行などと色々ありますが、それ以外に信用金庫や信用組合、農業協同組合などもあるのです。預金や資産運用をする際には銀行が利用されることが多いですが、信用金庫なども銀行と酷似した業務およびサービスを提供しているので、口座開設の前によく比較して検討するといいでしょう。

信用金庫は銀行と同じく普通預金や定期預金を扱っていますが、銀行法ではなく信用金庫法によって設立された法人という点で銀行とは大きく異なります(信用金庫法)。株式会社である銀行と違って信用金庫は非営利組織なので、主に会員からの出資金を資本金にして運営しています。この出資金を支払うと、金額に応じて配当を受けとることができるため、会員になるメリットもあります。さらに信用金庫で法人口座の開設や融資を利用するためには、店舗の営業範囲内に住んでいる必要があり、地方銀行以上に地域社会に貢献している金融機関とも言えます。

信用金庫の商品は基本的に銀行と同じですが、呼び名や商品内容が異なる場合もあります。信用金庫にあって銀行にはない代表的な商品が定期積金です。定期積金は資金を積み立てて利息を得られる商品で、銀行における積立定期預金のような商品です。しかし積み立て方や積み立て期間など細かい部分が異なるため、積立定期預金と同じ目的・使い方は適しません。銀行と信用金庫両方に口座開設するのもいいかもしれません。

信用金庫はATMや支店の設置範囲が限られているため、地元の信用金庫に口座開設してから大学入学や転勤、結婚などで地元を離れた場合、一気に使いにくくなる可能性があります。そのため定住の可能性が低いのなら、信用金庫以外の金融機関もよく検討しましょう。地方銀行でも同じリスクが生じるので注意が必要です。もっとも広範囲で利用できる別の金融機関やATMと提携しているので、まったく取引できなくなるわけではありません。