投資信託をはじめる

投資信託の基本

投資信託とは、投資家から集めた資金を1つにまとめて大きな資金(ファンド)にし、専門家がそれを株や債権、不動産などに投資して投資家の代わりに運用する金融商品のことです。運用した成果はそれぞれの投資家の投資額に応じて分配されます。投資する対象は投資信託ごとの運用方針に基づいて専門家が選びます。

投資信託は「投資信託運用会社」で作られ、主に証券会社や銀行、郵便局などの販売会社で販売されます。販売会社は販売だけではなく投資家の相談に乗ったり分配金や償還金の支払を行います。投資家から集まった資金は1つにまとめられて信託銀行が保管します。集まった資金は信託銀行の資産とは分別して保管・管理されます。資金の運用方法の考案と実行は、運用会社が信託銀行に指図する形で行います。

投資信託で利益がでる仕組みは簡単です。まず投資信託するにあたって「基準価額」と「分配金」の仕組みを理解することが必須です。投資信託では取引するときの単位を「口(くち)」といいます。基準価額は運用の成果によって変動し、それが分配金と大きく関係があります。

投資家から集めた資金は1つにまとめられ、それを指して「純資産総額」といいます。基準価額はこの純資産総額を総口数で割ったもので、1口あたりの価格になります。この価格が購入したときよりも大きくなると、差額が投資家の利益になるのです。このような収益は換金の方法によって「解約差益」や「償還差益」、「譲渡益」などと呼ばれます。

投資信託には「分配金」という収益もあります。これは信託期間中に分配され、運用益を保有口数に応じて分配するというものです。収益分を分配するため、その分だけ純資産総額と基準価額が下がります。そのため購入や売買のタイミングとも密接な関係があります。