投資信託をはじめる

投資信託の利点やリスクの考慮

投資信託のメリットとリスクを考えてみます。投資信託のメリットは大きく4つあります。1つは少額投資が可能なことです。通常では株式投資や債券投資には数十万円の資金が必要になります。しかし投資信託だと1万円からの投資が可能で、初心者でもリスクを最小限に抑えることができます。

2つめは分散投資ができること。投資をする際にはリスク対策として分散投資が一般的です。1つの対象に投資することでハイリスクハイリターンになってしまいためです。分散投資だとリスクなどを考慮しながら額をかえて分散投資することができ、損益を回収する確率も高くなります。

3つめは専門家が運用してくれることです。投資は専門知識や情報が必要で、初心者がやろうとすると失敗が多いです。そのため資金だけ出して専門家に運用してもらうことで、自力では難しい運用が可能になります。なかなか個人や少額では手が出せない海外の銘柄などにも投資できます。

4つめは投資対象の多さです。投資信託の投資先は会社によって異なりますが、基本的に多数の投資先を提示しています。日本株やアメリカ株などはもちろん外国債や不動産など、専門知識が必要なものにもカンタンに投資できるのです。

ではリスクは何かというと、それは運用成績が悪くなる可能性があるということです。一般的に預貯金などはリスクが低く、債券、株式とリスクが上がっていきます。投資信託はその全てを含んでいるので、選んだ商品によってはハイリスクになる可能性もあります。とくに基準価額の差が激しいものはリスクの幅も大きいということなので、気を付ける必要があります。