投資信託をはじめる

投資信託の運用のコツ

投資信託を成功させるには自分の目的やライフスタイルに合った運用法を検討し、確実に実行させるために戦略を練る必要があります。もちろん実際に運用するのは専門家ですが、どの商品にいくら、いつまで投資するかというような判断は自分にしかできません。そのため作戦が必要なのです。

まず投資信託を選ぶときに気をつけることは、リスクとリターンの計算です。何の目的のために投資をして、だいたいどれくらいの利益を想定しているのかをはっきりさせ、期間や額に応じて商品を選びます。そのためおおまかに商品の特徴をつかんでおく必要があります。その際に資産表や目論見表を作ることをオススメします。

そして重要なのは購入したあとです。購入したら専門家が運用してくれるからといって放置してしまう人もいますが、それだと基準価額が下がったときや為替の変動などに素早く対応することができません。売り買いのタイミングで損を最小限に抑えることもできますし、一番基準価額が上がったときに換金することもできるのです。

そのため購入したあとも最低でも3ヶ月に1回は現状を細かくチェックすることが大切です。当初の想定よりも時価計算がずれていたら、追加資金を投入したりしてずれを正すのです。もっともそれらの方法は手数料などのコストがかかることでもあるので、ずれが小さいうちにやるとかえって逆効果になってしまいます。

気をつけましょう。投資信託のそれぞれの商品価値は経済状態や時代によっても異なります。国によっても異なりますし、こまめに経済ニュースをチェックして投資対象を検討していくのも成功のコツです。