投資信託をはじめる

NISAとは

最近CMでもよく見かけますが、NISA(少額投資非課税制度)という制度があります。これは年間の投資額が100万円までなら税金が一部免除になるという制度で、2014年1月から始まったばかりの新制度です。非課税になる税金は運用益や配当金の税金で、一定額までですがNISAの口座で取引するとコストが大幅に安くなります。

NISAによる非課税の期間は最大5年で、途中で売却して換金した場合は非課税枠とみなされてしまいます。年間100万円までが非課税投資枠ですが、毎年100万円ずつ枠が増えていき、最終的には500万円までが非課税枠になります。20歳以上でなければ利用することができません。

前述したように分配金などにかかる税金は20.315パーセントとけして低くはありません。これらが非課税になるというのはオイシイ話ですよね。しかし満期まで保有しなければいけないため、基本的には長期投資向けの制度といえます。そのため5年近く保有していけそうな商品を選んで投資するのがもっとも効率的でしょう。5年経って満期が来たら、さらに新しく非課税枠で買いなおして再び非課税枠で投資を行うことが可能になります。

NISAは始まったばかりなのでまだ証券会社や銀行のなかには準備が不十分なところもあるかもしれません。しかしとにもかくにもNISA口座を作っておくことで、商品の詳しい検討を後回しにする手もあります。ネット証券などは開設手数料や管理料がタダの場合が多いため、先に口座を作っておくのに向いています。通常口座がある場合は、NISAの資料を請求して申し込むだけです。