もっと知りたい休眠口座

休眠口座の解約

休眠口座の処理方法としては解約がオススメです。長らく放置されていた普通預金口座や定期預金口座を解約して払い戻したら利息でお金が増えていた、なんてこともあるのです。解約して普段使っている預金口座に組み込んだり、新しく定期預金を組んだりすることで休眠口座を華麗に復活させましょう。親や配偶者など相続の可能性がある相手の休眠口座に対しても、解約を促しておくと後々になって困りません。

休眠口座解約には金融機関の最寄りの窓口に行く必要があります。登録された印鑑と通帳、本人確認書類を持っていきましょう。インターネット専用口座など通帳を発行しない預金口座の場合は通帳はいりません。合併などによって金融機関名が変わっている場合がありますが、その場合は合併後の金融機関の支店に行けば大丈夫です。地方銀行など営業範囲が限られる金融機関に休眠口座があって最寄りに支店がないときは、取引のある別の金融機関から取り立ててもらうことも可能です。

このようにどんな状況でも解約ができる仕組みになっていますが、印鑑や通帳を紛失していると厄介です。印鑑をなくしたら預金者であることを確認した上で、登録印変更手続きをおこない別の印鑑を登録できますが、手数料が必要で時間もかかるのです。そもそも金融機関の窓口は営業時間が短いので億劫な人も多いです。キャッシュカードや通帳の紛失に関する対応はもう少し楽で、郵送による再発行が可能な場合があります。

ネット銀行の解約手続きはホームページにログインできればインターネット上で手続きできます。口座残高がゼロだと即解約され、口座残高があっても指定口座に振り込まれて翌営業日に解約される場合が多いです。ログインすれば全ての預金口座を一目で確認できるため、休眠口座を回避しやすく非常に便利です。